appli02_red

セックスで女をイカせられない
といった悩みを抱える男性は意外に少ないです。

しかし、女性をイカせられないという自覚があるだけマシなほうですから、落ち込む必要は
ありません。

むしろ、厄介なのは、自分のことを「セックスの達人」などと勘違いしている人です。

男の方は何度もオーガズムに達せられているなどと勘違いしている一方、女性からは、全く
アクメに達していないどころか、痛くて苦痛なだけ
といったケースが実に多いのです。

セックスに関するアンケートでも、ある程度の誤差はありますが、オーガズムに達したこと
のある女性の割合は1割にいくかどうか
という結果になることが多いです。

単純に合わしてあげているだけなのに、勘違いしている哀れな男といった身も蓋もない話が
ガールズトークで日常的に行われているのが実態です。

セックスでこのような失敗をしないためには、しっかりと中イキさせる必要がありますが、
具体的にはどうすれば良いのでしょうか?

あなたもGスポットやポルチオなどをしっかりと刺激すればいいとか、クリトリスから順番に
刺激をするなどといった内容のセックステクニックを学んだかもしれませんが、全く効果が
なかったと思います。

その結果、ペニスが短小だから良くないとか、早漏だからピストン運動が続けられないなど
と、誤解する人が多いのですが、AV男優のTAKAさんは女性心理が非常に重要だと指摘して
います。

女性というのは、想像だけでもオーガズムに到達することは可能です。

男性が夢精するのと似たような感じかもしれませんが、性器を刺激しなくてもオーガズムに
到達できるわけですから、セックステクニックという肉体的な手法だけでなく、メンタル面
からのアプローチ
も重視する必要があります。

例えば、どれだけ性感帯を刺激しても、女性がオーガズムに対する恐怖感や不安感を非常に
強く感じていると、なかなかいかせることはできません。

それだけメンタルが与える影響というのは大きいのです。

そこで役立つのが「中イキ!アンリミテッド」です。

TAKAさんが、「快感神経」と「女性の特性」とう2つの観点から肉体だけでなく精神面から
も、女性をオーガズムに到達させるために何をすれば良いのかを具体的に教えてくれます。

ポイントとなるのは「オナニー」です。

女性がしているオナニーで感じやすくなるという特性を生かせばいいのです。

しかし、女性が日頃から行っているオナニーのシチュエーションやスタイルなどによって、
セックスの対応策は全くといっていいほど変わってきます。

TAKAさんが独自にリサーチした結果、大きく11種類のオナニースタイルがあることが判明
しました。

そのいずれかを実践すれば、ピタッと当てはまるわけです。

shosai