akumasex

>>公開は終了しました<<

あなたもヒモジゴロといった言葉を聞いたことがあると思いますが、ひいき目に見ても
ダメ男にしか見えないのに、女性が全財産をつぎこんでも男に付き合うような光景を見て
異様に感じたことはありませんか?

普通に考えれば、どう考えてもマイナス要素しか存在しないのにも関わらず、女性たちは
ヒモやジゴロに依存するのでしょうか?

中には例外もあるでしょうが、その大半は性的に依存しているのです。
つまり、刺激のある言葉を使えば「セックス中毒」になっていると言えるでしょう。

男はセックスで女性に快楽を与えて、女はそれと引き換えに金や住居を与えるという具合
に考えるとわかりやすいわけですが、セックスには女性を狂わせる強力な効果があること
が分かると思います。

しかし、ほとんどの男性はセックス下手だと女性からは酷評されているのが実態ですから
極めて少数の「セックスの達人」が「実力を発揮」しているのも事実なわけです。

セックスの際に多くの女性が考えていることといえば「痛い」「苦しい」「辛い」ばかり
であって、一番感じるのがオナニーというケースが多いのです。

処女でなくても、自分が不感症じゃないかと深く悩むほどに、下手くそなセックスばかり
を受けてきた「被害者」女性も少なくありません。

セックス上手な男性とすれば、不感症がウソのように、簡単にアクメに到達するケースが
大半ですから、それだけセックス下手な男性が多いわけです。

このため、あなたがヒモやジゴロになる必要性を全く感じていなくても、セックスが下手
であるよりは上手な方がいいことは言うまでもありませんが、セックステクニックを勉強
して実践しても、なかなか上達した実感が得られなかったのではないでしょうか?

競馬などではなく「女性の性感帯を通じて女性を服従できる」という意味における調教師
の秋元さんは、女性の本気のオナニーにセックスが上達できる秘密が隠されていると指摘
します。

その理由は簡単で、女性が感じる法則は女性にしか分からないからです。

性転換手術をしたところで、男がペニスや精巣を除去できても、子宮や卵巣をつけるのは
不可能ですから本当の「女」にはなれませんが、本題から外れますので割愛します。

だからこそ、秋元さんも最初は懇意にしていた風俗嬢から、泣きながら(笑)教わったと
いいます。