sex8tech

>>公開は終了しました<<

アンケートによって結果は違いますが、大半の男性がセックスで女性をオーガズムに到達
させることができないばかりか、ピストン運動などで女性に痛みを与えているだけ
という
結果であることは、あなたも既に知っているかもしれません。

露骨にセックスの文句をいう女性は少ないことから、自分がセックスの達人などと勘違い
している男性が多いですし、かえって、たちが悪いものです。

あなたはセックスに対してコンプレックスを感じていたり、更に女性を喜ばせたいなどと
考えて調べているわけですから、勘違いした「セックス達人」(本当は下手クソ)よりも
はるかにマシですし、セックス下手を改善する方法も存在します。

セクシャルフィーリングアドバイザーの石井哲平さんは、ホストクラブで働いていた時に
お客さんとしてやってきた「サヤ」師からセックスを上達させるためのポイントを学んだ
といいます。

例えば、「女性がオーガズムを得られるメカニズム」を知らなければ表面的なテクニック
ばかりを身につけても意味が無いと石井さんは切り捨てますが、オーガズムとは女性自身
がつかみ取るものであって、男がいくら努力したところで女性がイク気がなければ無理な
だからです。

逆に言えば、女性がオーガズムを得られるメカニズムをマスターして、女性がオーガズム
に到達するように道筋をしっかりと作ってあげれば、小手先のセックステクニックなどは
どうでも良くなります。

それこそ、言葉と愛撫だけでも、勝手にオーガズムにいってしまうのです。

女性がオナニーをするときはクリトリスを手で刺激するケースが一般的ですが、早ければ
数分でオーガズムに到達してしまいますし、オカズは妄想だけというケースが大半です。

極端なことを言えば、セックスでピストン運動を何十分も続けなくても、雰囲気を作って
愛撫をするだけでもイッてしまいますから、ペニスが早漏・短小だったとしても全く気に
する必要はありません。
(見た目の威圧感はありますから短小よりも極太がいいという考えは一理あります)