>>公開は終了しました<<

あなたは自分が早漏だと思っていますか?

早漏の自覚症状があって悩む人も多いのですが、更に厄介なのが、自分は普通、もしくは遅漏
気味だから好都合などと考えている男性が、実際には早漏だったケース
です。

女性の膣内にペニスを挿入した後、女性がオーガズムに達するまでに射精すれば、それは早漏
という扱いをされるのです。セックスの相性が悪いと判断するかもしれません。

射精までの時間を伸ばせたとしても、ペニスへの刺激が少なくなるように気の抜けたセックス
をしていると、女性からの不満が高まるばかりですし、セックスが下手な人というレッテルを
貼られてしまって、恋人や夫婦であれば浮気・不倫をする原因にもなりかねません。

セフレであれば、女性の方から関係終了を告げてくることでしょう。

そうなると、プライドが見事に打ち砕かされてしまって、トラウマにさえなるのではないかと
思います。

わずか2分で射精していたという重度の早漏に悩まされていたという橘賢司さんは、一般的な
早漏解消法を数多く試してきたそうですが、全く改善しなかったといいます。

その後も、早漏を改善するための努力を続けてきた結果、早漏になる原因は5種類あり、それ
ぞれに対する改善策を実践すれば、着実に早漏は改善できる
ことがわかったといいます。

一人で何個もの原因が重なっているケースも有りますので、一つの早漏解消法だけを実践して
も完全に解消できないのは当然なのです。

そこで、この5種類の早漏の原因に当てはまるケースを調べて、2週間かけて解消していくため
の「超短期集中!14日間の早漏改善実践プログラム」を橘さんが開発しました。

しかし、早漏が解消できても、逆にいつまでたっても射精できない遅漏になるのも問題です。

セックスで体力が尽きてしまい、射精できずに終わってしまうと、消化不良な感じになります
し、女性が先にオーガズムに達しても延々とセックスが続くので、気持ちよさを超えて苦痛に
なってしまうケースも少なくありません。

そこで、「超短期集中!14日間の早漏改善実践プログラム」では早漏を解消するだけでなく、
好きなタイミングで射精できるようになる射精コントロールも身につけられます。

女性が最も射精して欲しいタイミングで出せるようになりますので、セックスの満足度は大幅
に向上しますし、体の相性も最高などと言う具合に男女関係も良好になるわけです。