appli02_red

ポリネシアンセックスは、普段は射精時にしか感じない男性のオーガズムが長時間にわたり
持続することがメリットだと言われていますが、5日間ワンセットでセックスを行う必要が
ありますし、基本的に5連休を確保しないと実践できないことから、学生の夏休みであれば
まだしも、社会人にとってはまず不可能でしょう。

ポリネシアンセックスをする時間を確保できたとしても、5日目にセックスをするまでには
極めて禁欲的な生活を送る必要がありますので、我慢できずに終わってしまうのではないか
と思います。

ポリネシアンセックス以外にもスローセックスの方法はありますが、時間がかかる上に忍耐
力が求められるという具合に、忙しい現代人の生活スタイルに合わないものばかりです。

そこで、AV女優の北川瞳さんが1年7ヶ月もの時間を費やして、ポリネシアンセックスなど
と同じレベルの快感を短時間のセックスで得られるようにするための手法を開発しました。

それが「ラブスローH」です。

ラブスローHは通常のセックスのように体力の消耗を気にする必要はありません(体力消費
は通常のセックスの1割程度)し、女性のオーガズムを気にするばかりに自分が気持ちよく
ならないといった悩みを抱える心配もなくなります。

スローセックス特有の、男女ともに長時間にわたってオーガズムを感じるというメリットは
そのままに、性感帯だけでなく脳にも刺激を与えることで、通常のセックスと同程度の時間
で達成できる
というのが大きなメリットです。

shosai