appli02_red

男性がオーガズムを感じるタイミングというと、一般的には射精の前後が思いつくのではない
でしょうか。

もしくは、肛門などから前立腺を刺激することで発生するドライオーガズムを思いついたかも
しれません。

ドライオーガズムは射精とは異なり、女性と同じように、オーガズムが長時間にわたって継続
するという点がメリットとされていますが、切れ痔のように肛門を傷つけたり、膣痙攣と同じ
ように肛門などが痙攣を起こして
しまい、病院に救急搬送しないと生命の危険を伴うケースも
出てきます。

また、女性のセックス依存症などと同じように、ドライオーガズム依存症に陥って精神崩壊を
伴うリスクも指摘されていることから、それなりに注意して取り組まないと危険です。

その一方、福島一さんは元風俗嬢でキャバ嬢の麻美さんからされた行為によって、ペニスから
射精だけでなく、女性が潮吹きをするのと同じように、ペニスから精液と異なる液体を何度も
放出し、その間はオーガズムが継続する
という経験をしたといいます。

福島さんが麻美さんから責められたのは亀頭だけですから、ドライオーガズムのようにお尻を
痛める心配もありませんし、以前から悩んでいた早漏も自然と解消できたといいます。

また、ドライオーガズムとは異なり、開発されすぎて、日常生活でもオーガズムに達したり、
依存症などを発症する心配もなく、安全に実践できるという点がメリットです。

この男性の潮吹きの仕方をテキストと動画で学べるのが「男の潮吹きオーガズム」です。

何かわからないことがあればメールサポートで解決できますし、90日実践しても潮吹きができ
なければ返金保証で購入代金が戻ってきますので安心ですね。

shosai