appli02_red

ED対策として、バイアグラなどの薬物療法や、体質改善、運動療法、精神療法などがあげられ
ますが、既往症や精神疾患の状況によっては、なかなか改善しないことも珍しくありません。

老化によってEDになる場合もありますので、アンチエイジングなどもあわせて行う必要があり
ますし、若年性EDの場合も複数の原因にまたがることもありますので、何をすれば解決できる
のか明確にならずに悩むのではないでしょうか。

そこで、大阪市東住吉区にあるクリニックそうせい院長で内科医の蘆原紀昭さんは、ペニスを
適度に圧迫する「絞扼リング」を推奨しています。

血液がペニスに留まることによって勃起することから、絞扼リングを装着することで、血液を
ペニス内に適度に留めて勃起を持続する仕組みを人工的に再現できるため、ペニスが「学習」
することでEDを改善できるというわけです。

そこで、ただの絞扼リングではなく、ネオジム合金とゲルマニウムをリングに内蔵することで
強力なエネルギー効果でペニスの機能改善に効果を発揮するという「パワーリング・ネオ」を
理学博士の臼井由妃さんが開発しました。

パワーリング・ネオは40万個以上を販売しており、以下の図のようにペニスの根本と亀頭部
に装着するだけという手軽さです。

パワーリング・ネオの基本的な使い方としては、就寝前に装着して、起床時に外すというだけ
の手軽さですし、亀頭部分を外してセックス時にも装着し続けることで、中折れの改善や早漏
・遅漏の改善にも役立ちます。

shosai