sokugui

appli02_red

中年以上になっても若い女性と付き合いたい
と、あなたも思っていませんか?

しかし、なんとか口説いてみようとしても、全くと言っていいほどに話が噛み合わずに
失敗した経験
があるかもしれませんね。

同年代の女性を相手にするのであれば、完璧に落とせる自信があったとしても、年下の
女性が相手を相手にすると全然ダメだったというところではないでしょうか。

イケメンで筋肉質な体を持ち、経済力やトークテクニックが優れていたとしても、運が
良ければ落とせることもあるかもしれないが、狙って落とせるレベルとは程遠いという
状況だと思います。

1963年生まれのしがないサラリーマンでありながら、若い女性を落とすことが得意と
いう伊藤茂男さんは、一般的には障害や不利な条件として考えがちな「年齢差」を逆に
有効活用することで、若い女性を落とすことが簡単になると指摘します。

具体的には、どのようにすればいいのでしょうか?

一言で言えば、女性が肉体的欲求よりも満たしたいと思うようになる「精神的な快楽」
を与えることができるのは若い男性ではなく年上の男性という唯一かつ絶対のメリット
を最大限に利用すればいい
と伊藤さんは言います。

肉体的欲求を満たすのであれば、長時間にわたって激しいセックスが行える若者の方が
有利ですが、セフレとのつきあい方を見てもわかるように、肉体的なつながりだけでは
弱いのです。

個人差はありますが、一般的に女性のほうが実年齢と比べて精神年齢が高い傾向がある
ことから、深層心理の部分では、安心感のある、自分よりも大人の男性を求めるという
傾向がありますから、このメリットを有効活用しないのはもったいないわけです。

しかし、親が子供をしつけるように振る舞っては意味がありませんし、何か勘違いした
中年男性も少なくありません。

親子関係ではなく男女関係を構築する必要があるわけですから、いきなり説教するなど
といった行為は明らかに間違えているのです。

それでは、具体的にはどうすればいいのでしょうか?

shosai