nocyotei

appli02_red

有利な条件で離婚したい
と悩む人は少なくありません。

しかし、離婚交渉がうまく進まないし、調停や裁判に持ち込むのは大げさだということで
何の進展も見られない状態が続いているといったケースは珍しくありません。

地域によっては、離婚調停や離婚裁判でもコネが蔓延していることがありますから、自分
以外は全員が敵という孤立無援の状態で、法律や証拠が平気でねじ曲げられる場合もある
わけです。

たとえ、非常に不利な状況だったとしても「完全な離婚の事前準備」を行うことで、無理
なく離婚を成立させることは可能
だと指摘をするのは、プロ心理カウンセラーで司法書士
桑島隆二さんです。

今までに数多くの離婚相談を受けてきたという桑島さんですが、相手をまいらせない限り
は離婚交渉だけで成立させることは不可能
だと指摘します。

そのために、相手が何を言おうとも諦めざるを得ない状況に持ち込むために「完全な離婚
の事前準備」は必要不可欠な条件なのです。

準備不足のために離婚交渉で揉めてしまうと現状から変わることはありませんし、永遠に
夫婦喧嘩からぬけ出すことができなくなり、裁判所に持ち込んで離婚調停や裁判を受ける
しか選択肢はなくなります。

また、離婚にともなって、お金の問題は欠かせないポイントです。
特に、養育費は大半が途中で踏み倒されているというのが実情です。

養育費の不払いが起これば裁判所に行って差し押さえればいいと法律論をいう人が必ずと
言っていいほど出てきますが、手続きをする側は手間と時間がかかりますし、強制執行を
されようが、給料払いを振り込みから手渡しに変えたり、口座残高をゼロにするといった
方法で踏み倒すケースが横行しています。

そこで、桑島さんは実際に支払ってもらえる方法を実践したほうがよほど効率的だと指摘
します。

shosai