junai

appli02_red

モテるために必要なアクションをしない限り、いつまでたってもモテない状況を解消する
のは不可能
だと指摘をするのは恋愛コンサルタントの大友知也さんです。

1000名を超える非モテ男子が大友さんの指導を受けたことで、恋人と付き合えるように
なったという実績がありますが、あまりにも当たり前すぎる言葉に対して思わず拍子抜け
したかもしれません。

モテるために必要なアクション」というのは、一体何でしょうか?

当然ながら、モテ男の真似をすればいいといった短絡的な話ではありません。

表情や性格を明るくして、トークテクニックを鍛えるというだけでも相当な時間やお金が
かかりますし、コンプレックスを抱いていると解消できないままに挫折することも十分に
考えられます。

そこで、大友さんが指摘するポイントは以下の2点のみです。

  • 恋愛メカニズム(恋愛の原理原則)
  • 恋愛の原理原則を実践するスキル

それができるようになるために、イケメンになってトークテクニックを鍛える必要がある
のではないかと思ったかもしれませんね。

確かに、あがり症や対人恐怖症で会話ができないという状況であれば、少なくとも女性を
相手に雑談ができる程度には改善する必要がありますが、容姿や金銭面、肩書きや年齢と
いった要素でモテ・非モテが決まるわけではない
と大友さんは断言します。

そこで、1000名の非モテ男性に恋人を作らせることに成功した大友さんのノウハウを活用
して、あなたも短期間で彼女が作れるようになりたくありませんか?

その願望を実現するのが「純愛解体新書」です。
230ページのPDFファイルと25時間53分41秒の動画で具体的に説明しています。

ノウハウをいくら身につけても実践スキルがないために失敗するケースが少なくないことを
ふまえて、純愛解体新書では考えながら実践することで対応力や応用力を身に付けるように
カリキュラムが構成されています。

shosai