paburofu

appli02_red

「強気な女性」や「わがままな女性」を、自分の言うことをきくようにしたいと思った事
はありませんか?

そもそも、支配欲があるのにも関わらず、それをコントロール出来ないような女性と付き
合うこと自体が間違いだといった指摘をする人が居ますが、批判のための批判でしかない
場合がほとんどですから、相手にする必要はありません。

このような女性を「支配」するためには、どうすればいいのでしょうか?

いじり方」が重要だと指摘をするのは、恋愛コンサルタントの上杉りゅうさんです。

それ以前の話として、女性から見て「格下」認定する男性に対しては強い態度で臨む一方
「格上」相手には媚びへつらう
という、あたかも使いものにならない中間管理職のような
女性というのは意外に多いものです。
というのも、この両極端な差は女性本能が持つ特徴の一つであるからです。

フェミニストは「男女の役割」自体を根本的に否定しますが、動物的本能まで消し去るの
は不可能ですし、無意識のうちに出てくる特徴の一つですからどうしようもありません。

この女性本能が持つ特徴を有効活用することで、大半の女性に対しては「いじり方」次第
で、あなたのいうことをよく聞く従順な存在にできる
といったら驚くのではないでしょう
か?

中には、誰に対しても噛みつくような「狂犬」もいますし、それとは逆に支配されること
自体に喜びを感じるという女性も居ますが、あくまでも少数派ですから、例外的なケース
に当てはまらないことを祈っておけば十分でしょう。

上杉さんは女性をいじるにあたって重要なポイントが2点あるといいます。

  • いじる時の鉄則
  • いじりの法則

これを間違えると、あなたに従うどころか、「人間として」という次元で嫌われますし、
場合によっては組織の中で孤立するような結果になりかねません。

あくまでも、「正しく使いこなすことができれば」という前提が重要です。

shosai