chotei

appli02_red

一般的には離婚調停は女性側のほうが有利だと言われていますが、結論から言えば調停
委員次第ですし、申立人になるほうが有利といった意見もある(女性がなることが多い)
など、ケースバイケースになることも珍しくありません。

調停委員は元教師や地域の有力者が担当することが多く、法律の専門家ではない一般人
ですから、法律に従って進められるというよりは調停員の考え方次第で調停が行われる
ことが一般的です。

中立性や公平性に欠ける調停委員も少なくありませんから、露骨に片方に肩入れをして
相手側は非常に不利な条件を調停案として突きつけるケースも発生しています。

例えば、嫁が浮気した客観的な証拠を数多く突きつけたところで、これらの証拠を全て
無視して旦那側に不利な条件で調停が行われるケースも決して珍しくありません。

基本的に離婚調停中には調停委員を交代できません(調停委員が死亡したり逮捕される
などという場合であれば交代します)から、中立性や公平性に欠ける調停委員が担当に
ならないことを祈るしかありませんね。

離婚カウンセラーの澁川良幸さんは15000名以上の相談を受けており、法律家とは別の
アプローチで離婚交渉や離婚調停を有利に終わらせることに成功しています。

中には離婚問題のスペシャリストという弁護士もいますが、その多くは互いの妥協点を
法律的に探るだけの機械的な作業しか行ってくれませんし、費用的にも割高です。

弁護士に頼んでも希望通りに離婚調停が進まなかったということで、澁川さんに相談を
する人も少なくない
というのが現実なのです。

その澁澤さんが離婚調停において、どのような点に注意をすればいいのか、有利になる
ために何をすればいいのか、具体的なアドバイスをマニュアルにまとめました。

それが「離婚調停成功マニュアル」です。
オプションの音声パックも併用すると、さらに効果的です。

shosai